青汁クチコミランキング

「青汁」の《原料》

ひと事で「青汁」と言われても沢山のメーカーから様々な特徴のものが販売されています。何かしら一押しの部分があるとは思います。自分が重視したいものを選択出来るよう情報収集したいものです。
ここではいくつかの「青汁」の《原料》に着目してみましょう。

 

 

●「ケール青汁」
・原料のケールには、現代人の食生活で不足しがちなビタミン・ミネラル・食物繊維の含有量が他の野菜に比べ多く含まれています。そして、そのバランスもよく、フレッシュ感のある色や風味です。
・キューサイ青汁の原料となるケールを栽培する土壌には化学肥料を使用せず栽培には農薬も一切使いません。
●「大麦若葉の青汁」
・原料の大麦若葉は、効果としては「高血圧の予防」や「コレステロールを抑える」、「がん予防」などです。
ビタミンやミネラルといった基礎的な栄養素から、アミノ酸であるロイシンやイソロイシン、食物繊維、葉緑素、特に効能として期待されるSOD酵素など栄養価も高い。
・山本漢方の「大麦若葉の青汁」は私も愛飲していますが癖がなく子供たちも美味しく頂いています。お菓子作りにも抹茶感覚で利用できます。
●「桑の葉青汁」
・原料の「桑の葉」は古くから生薬としても使用されてきました。栄養分としては青汁の原料となるものの中でマグネシウムとカルシウムはダントツです。大麦若葉と比較するとマグネシウムは2倍以上、カルシウムはおよそ5倍。この他のミネラル分のほかにもフラボノイドやギャバ、さらには食物繊維なども含まれています。血糖値を下げる働きがあります。
●「緑茶青汁」・「緑茶青汁」は『緑黄色野菜の青汁』に『緑茶』を混ぜた青汁のことです。加えた「緑茶」にはカテキンが含まれています。カテキンには抗酸化作用や体脂肪を燃焼させたり血中コレステロールを減少させたり血圧を上げる酵素をを抑えたり血糖値が上がるのを抑えたりする効果があります。そして口臭予防や強い殺菌作用もあります。
・青汁独特の苦みや渋みを緑茶が、マイルドにしてくれます。

 

20種類以上の青汁のクチコミが見れるHP・・・・・http://www.xn--i8s170bmhwrdm.net/

青汁の安全性

「青汁」が体によく栄養価的に優れていると言う事は、ご存知だと思います。その安全性を考えたことがありますか。
青汁の原料となる青菜はいいことばかりではありません。特に青汁の原料となる、ホウレン草、小松菜、チンゲンサイ、ターサイ、大根菜、水莱、サラダ菜、春菊は硝酸塩を多く含まれています。
ホウレン草、小松菜、チンゲンサイなどをゆでこぼせば、硝酸塩を30〜45%減らせます。また、露地栽培の野菜は、施設栽培されたものの半分程度しか硝酸塩を含みません。
有機栽培した野菜の方が硝酸塩は少ないのです。
硝酸塩は、有害物質です。体内で発ガン物質になるのが硝酸塩です。
こんな物質を含んでいるのが青汁の原料です。吟味したものを使って青汁を作らなければ健康に良いものではなくなってしまいます。
しかし青汁に使われてる青菜は、古くからの有機栽培で大切に育てられた野菜を使用しています。
有機栽培と言うのは厄介です。農薬や化学肥料といった有害なもの使用せずに栽培すると言うのですから虫などがつきやすくなってしまい、病気になりやすくなります。
そんな状況でも国内に流通している大半の青汁は「無農薬及び有機栽培」で作れらていますから、安全性、信頼性が高いものが流通しているはずです。

青汁の形状

青汁の形状には「冷凍」「粉末」「サプリメント」「フリーズドライ」「ジュース」などのタイプがあります。この形状は飲み易さと言う点が大きな違いと言えるでしょう。
それぞれの形状の特徴を紹介しましょう。

 

「冷凍タイプ」
・絞りたての青汁を冷凍してあるのですから栄養面を考えると、最も良いタイプ
・鮮度もよい
・青汁らしい青汁が希望の方におすすめ
・青汁独特のクセや苦味があるので飲みにくい
●「粉末タイプ」
・青汁の形状の中で最もポピュラーで人気なタイプ
・栄養価的にも「冷凍タイプ」とほぼ同等
・「溶かして混ぜて飲む」のですからその溶かすものは水はもちろん飲みにくいのであれば牛乳やジュースなど他の飲み物でもOK
・粉末ですからお菓子を作るときにも使えます。
・飲み易さは青汁が苦手な方でも美味しいものです。
●「サプリメントタイプ」
・錠剤タイプの青汁⇒薬の錠剤と同様、水で飲むことができる
・青汁の苦みやクセなどを感じることなく飲める
・携帯に便利⇒どこでもいつでも飲める

 

 

●「フリーズドライタイプ」
・「フリーズドライ」と言うとインスタントのスープやお味噌汁をイメージされることでしょう。お湯や水で戻して飲むタイプ。
・青汁を急速凍結させ、真空状態で乾燥させて作る⇒高熱処理してないないことから栄養価の損失が少ない

 

「ジュースタイプ」
・「ジュースタイプ」ですからジュースを飲む感覚で青汁が飲めます
・冷蔵庫に入れておけばいつでも飲めます。
・青汁に様々な野菜をブレンドされているので野菜ジュースに近い奸悪で飲めます
・水分補給にもなります

青汁人気ランキング!

青汁を選ぶ際に何に重きを置きますか?主成分・味・価格…人それぞれでしょう。
しかし、沢山の青汁が販売されています。自分にあった青汁探しも大変です。そこで手助けをしましょう。まず《青汁選びのポイント》です。
@「自分に合った飲みやすい青汁であること」
〜青汁は即効性を期待するものではありません。継続し手こそ意味があるのです。飲みにくくては続きません。
A青汁は主成分に注目!!
〜自分の健康上の悩みを把握しそれに合った成分のものをチョイスしましょう。
B価格
〜継続するには価格もチェックポイントです。
C安全性
〜信用のおける原料を使用していることは重要です。
次は《人気ランキング上位5位》までを紹介しましょう。
1位:ステラの贅沢青汁
2位:えがおの青汁
3位:神仙桑抹茶
4位:ふるさと青汁
5位:はちみつ青汁
です。